団体概要
OUR VISION

全ての若者が自分の人生を
自分で選択できる社会に

社会は非連続的に成長する時代を迎えています。 変化の大きな社会では、これまでの常識がすぐに通用しなくなります。 これまで日本が培って来た素晴らしい教育体制の上に、 民間のサポートを加えることで、それぞれが学生に対して 最も価値を発揮できる仕組み作りができると考えています。

そういった環境さえ作り上げることができれば、学生はきっと可能性を自ら開放していくことができます。 私たちは確信しています。 日本の未来は、私たち自らの手で明るくすることができる。

OUR MISSION

若者の“選択格差”を是正する

若者が進路を決断しようとする時、 その選択肢には大きな格差があります。 “選択格差”は、様々な格差の積み重ねによって生じ、 自己責任論では決して片付けることができません。

これらの根本にある社会構造を是正したいと、私たちは考えています。 若者たちの可能性を解放し、全ての若者が諦めや消去法でなく、 自分の意思で人生を選び取ることができる世界、 そして、活気に満ちた日本の未来を描いていきます。

HASSYADAI socialが解決したい課題

18歳の進路選択の課題

活動を通して様々な若者と関わる中で、「高校卒業時の進路選択」について 後悔の念を持つ若者が多いことに我々は着目しました。彼らは、自分自身の事を深く知るきっかけや、 社会の事を知るきっかけがないまま、なんとなくや、とりあえずで進路決めてしまっていました。 その結果、就職した若者においては高い離職率、進学をした若者の中では、奨学金を借りながらも大学を中退し、 奨学金の返済だけが残り、生活に困窮する状態になっていたりするなどの実態がありました。 更にここで、様々な格差によるハンディを抱えた若者は再スタートを切るのことが 非常に難しい状態にありました。そのため、我々は人生において大きいターニングポイントとなる 高校卒業時=18歳の進路選択における格差という課題の解決をまずは目指しています。

若者の選択力を育むために
必要と考えること

質の高い
教育プログラムの実施

プログラムの
効果測定・研究

若者に関わる大人への
啓蒙活動と教育支援

我々は質の高いプログラムの実施はもちろん、プログラムの効果測定・研究を並行して実施し、次世代に繋がる新しい教育の形を常に探求し続けます。 若者に直接関わる先生方や、保護者の方への啓蒙活動、教育支援など様々な角度から、一人ひとりが自分らしい進路選択・人生選択ができる社会の 実現を目指す。これは、現場で働く様々な人たち、そしてその活動を支援してくださる方々、皆が参画して、社会課題解決に挑んでいるプロジェクトです。

団体メンバー

  • 代表理事

    勝山 恵一

    KATSUYAMA KEICHI

    1995年生まれ。ハッシャダイが提供するサービス、ヤンキーインターンのモデルになった人物。株式会社ハッシャダイ創業からヤンキーインターンの立ち上げ、カリキュラム開発を行い、現在は一般社団法人HASSYADAI Socialを立ち上げ、2年間で計120校の高校で教育プログラムを実施。その他少年院、児童養護施設、法人向けと幅広い層に日本の若者達が自分の人生を自分で選択できるキッカケを提供する為に活動を行なっている。

  • 理事

    三浦 宗一郎

    MIURA SOICHIRO

    1995年生まれ。愛知県豊田市出身。中学卒業後、トヨタ自動車の企業内訓練校であるトヨタ工業学園に進学。卒業後、トヨタ自動車に就職し、自動車製造に関わる。2017年に内閣府世界青年の船日本代表に選出。その後、トヨタ自動車を退職し約 20 カ国を旅する。2018年より株式会社ハッシャダイにてヤンキー インターンのプログラム開発や、研修などに従事しながら、100校以上の高校で講演活動を行う。

  • 理事

    上田 祥子

    UEDA SACHIKO

    東京学芸大学中学校教員養成課程国語科卒業後、不動産ディベロッパーを経て専業主婦に。 2011年より公立高校勤務。 国語科、進路指導部を担当。 2017年JICA教師海外研修派遣。SDGsにまつわる教科実践がメディアに取り上げられる。 2018年よりハッシャダイにて言語運用に関する新人研修講演プロボノ開始。三女の母。

  • 理事

    松田 悠介

    MATSUDA YUSUKE

    日本大学を卒業後、体育教師として中学校に勤務。その後、 ハーバード教育大学院教育リーダーシップ専攻で修士号を取得。卒業後、PwC Japanにて人材戦略に従事し、2010年7月に退職。そしてTeachForJapanを創設。日経ビジネス「今年の主役100人」2014年への選出や、世界経済会議ダボス会議GlobalShapersCommunityへ選出。奈良県奈良市「奈良市総合計画審議会」委員、「奈良市教育振興戦略会議」委員。 LearningForAllの創業者でもあり、WaterDragon財団の日本代表、京都大学特任准教も務める。2017年7月からスタンフォード経営大学院に進学。著書に『グーグル、ディズニーよりも働きたい「教室」』(ダイヤモンド社)がある。

代表メッセージ

選択格差は私たちの手で

私たちはこの度、「ヤンキーインターン」などを運営する株式会社ハッシャダイからスピンオフする形で、一般社団法人HASSYADAI socialを設立いたしました。私たちは、「選択格差を是正したい」という想いが強烈にあります。その想いの強さが、今回の設立という形で現れたと思っております。 私たち自身、育ちは裕福ではなく、最終学歴も高卒です。 私たちの周りには、親に仕送りをするために、進学を諦め早く働きはじめた友人や、父親がアルコール依存症で頼りにならず借金を重ね、どうにもならずに自ら命を絶ってしまった友人、読み書きができないために多くの人に騙されて続けてきた人、両親ともに鬱病で妹を支えるために高校を中退した人など、選択格差の影響で自らの可能性を活かすことができていない人がたくさんいました。 もちろん、中卒や高卒で社会階層が低い人たちが幸せじゃないか、というと、決してそうではありません。しかし、社会階層の低い家庭に生まれた人たちの持つ能力や可能性を活かしきれないのは、大きな問題だと考えております。 私たちは、「運よく」様々な出会いや機会に恵まれ、今、ここにいられると本気で思っています。選択格差を是正し、すべての若者が自分の人生を自分で選択できる未来をつくることは、そんな私たちにとっての使命です。 自分たちが、必ず選択格差を是正するという強い想いを持って、今後も活動を続けてまいります。

概要

名称 一般社団法人HASSYADAI social
所在地 〒106-6224
東京都港区六本木3丁目2-1
住友不動産六本木グランドタワー 24階
設立 2020年1月
役員 代表理事 勝山恵一
理事 三浦宗一郎
理事 上田祥子
理事 松田悠介
職員数 4名 ( 2020年3月 )